全労済のバイク保険「シンプルタイプ」がおすすめ

全労済のバイク保険には「シンプルタイプ」という二輪車用の保険があります。
自賠責保険ではカバーできない備えを補償できます。

自分自身への補償として、自損事故傷害特約により、
自分自身が負った怪我や死亡による損害を補償します。
1500万円までが補償となります。
また相手側が無保険の場合でも死亡・後遺障害を補償。
こちらは無制限。

相手側への賠償として、
対人賠償により、自賠責共済を超える分について無制限で補償。

対物賠償は、車両、家屋、電柱などの他人の残物への損害に対し、
1000万円まで弁済金が支払われます。

さらに、搭乗者傷害特約として、契約車両の運転者や家族、友人などの
損害を補償。500万、1000万円が選択できます。

人身傷害補償は、事故による運転者自身や契約車両に搭乗中の死傷などに対し、
補償されます。

また他者運転危険補償もつきますので、
他人のバイクを借りて運転中の事故などにも保険が適用されます。

全労済のバイク保険は比較的お値段も安く提供されているので、
バイク保険を検討される場合は、1つの候補とされるとよいですね。

カテゴリー: 会社比較 | タグ: , , , | コメントする

バイク保険の家族限定特約

バイクを運転される方なら万が一の事故に備えて任意のバイク保険に加入しておくことをオススメします。
自動車よりも事故を起こす可能性が高いのがバイクですから、自賠責保険だけでなく任意のバイク保険の必要性も高いと考えるべきでしょう。
しかし実際にバイク保険に加入する人が少ないのは、やはり保険料の負担が重荷になるからでしょうね。
ですが、保険にはいろんな特約があり、それによっては保険料を安く抑えることもできます。
例えば家族限定の特約なんていうのもその一つでしょう。
家族限定の特約を追加するということはその名の通り事故を起こした際に補償されるのが記名被保険者の家族だけに限られるということになります。
つまり家族以外の人がそのバイクを運転して事故を起こしても保険金は支払われない、ということですね。
家族限定の特約は保険金が支払われる対象者を限定するわけですから、その分保険料も安くなるというわけです。
ですから、家族以外が運転する可能性は全くないということであれば家族限定で契約しておくことで保険料を節約することが可能です。
ただ逆に家族以外が運転する可能性もあるということになるとこういった特約を付けてしまうと困ることにもなりかねませんね。

カテゴリー: バイク保険 | タグ: , , , , | コメントする

バイク乗り換え時のバイク保険等級について

バイク保険に加入している方の中には、これからバイクの乗り換えを検討しているという方もいらっしゃるかと思います。
しかしそうなると契約しているバイク保険はどうなるの?という疑問も生まれてくるでしょう。
保険はバイクの乗り換えをしたとしても引き継ぐことはできます。
気になるのは保険料につながってくる等級についてですよね。
等級は毎年一つづつ上がっていくものですし、長年乗ったらそれだけ等級も上がり保険料の割引率も高くなります。
それがもし乗り換えでリセットされるということになるとちょっと躊躇してしまう方もいることでしょう。
しかし、バイク保険ではバイクの乗り換えをしたという場合であっても等級を引き継ぐことが可能となっています。
車両を新たに買い増ししたという場合は話が異なりますが、車両入れ替えということであれば引き継ぎ可能です。
ただし、バイクには排気量の違いというのがありますよね。
乗り換えによって排気量のカテゴリーが変わるという場合、保険会社によっては車両入替に難色を示す可能性もあります。
ただ、買い替えたからといって等級がリセットされて保険料が高くなるなんていうのはあり得ない話ですから、通常排気量が変わっても問題ないでしょう。

カテゴリー: バイク保険 | タグ: , , , , | コメントする

損保ジャパンのバイク保険の料金について

普段の移動手段としてバイクに乗っている人であれば、やはり万が一の事故に備えるためにバイクのための保険、バイク保険には加入しておくべきですよね。
バイク保険への加入と考えた時に次に考えるのはどこの保険会社を選ぶのか、ということでしょう。
選択肢の1つとして例えば損保ジャパンというのもあるでしょうね。
バイク保険というのはたくさんある保険会社の中でも扱っている保険会社が少ないものです。
やはりバイクは自動車と比較しても事故率が高いですし、保険会社からしてもリスクの高い商品ということになるのでしょう。
そんな中にあって損保ジャパンはバイクのための保険を販売しているのですからバイク乗りにとっては貴重な存在だと言えます。
損保ジャパンが扱っているバイク保険は自動車総合保険のSUPという商品での契約となります。
そうなると気になるのが料金ですよね。
やはり保険を選ぶにあたってその料金がいくらになるのかというのは非常に重要なポイントとなるでしょう。
もちろん契約内容によって保険の料金は異なってくるのですが、
例えば40歳の方で運転者年齢条件を26歳以上、等級を6等級とした場合年間の保険料は45,720円になるようです。
ここから等級や年齢など条件が変化すれば保険料も変化するというわけですね。

カテゴリー: 会社比較 | タグ: , , , , | コメントする

SBI損保のバイク保険

バイクを運転する方であれば、やはりバイク保険には加入しておきたいものだと思います。
自賠責という加入が義務になっているバイク保険は当然加入するものですが、
任意の保険の方については加入率が低く、なくても良いと考えている方も多いようです。
しかし実際に事故を起こしてしまってから後悔している方が多いのも事実ですね。
加入したい、ということになればどこの保険会社で加入するのかということになります。
例えば普段SBI損保を利用しているので、SBI損保でバイク保険に加入したいという方もいるでしょう。
しかし、残念ながらSBI損保では自動車保険はありますが、バイク単体での保険というのは扱っていません。
自動車保険に付けることができる特約としてファミリーバイク特約というものがありますが、
これは125cc以下の原動機付自転車を対象としたものであり、一般的なバイクを対象とした保険ではありません。
つまり残念ですがSBI損保ではバイク専用のバイク保険はないので加入することはできないということですね。
バイクは自動車と比べて事故率も高いため、保険会社からしてもリスクの高い商品ということになります。
ですから取り扱い自体がない保険会社も少なくないのです。

カテゴリー: 会社比較 | タグ: , , , , | コメントする

あいおい損保のバイク保険見積もり

バイクに乗るなら欠かせないのがバイク保険です。
バイクは自動車よりも事故を起こす確率が高いと言われているにも関わらず、自動車と比べて任意保険への加入率が低くなっています。
万が一の事故に備えてバイクの方こそバイク保険に加入するべきだと言えるでしょう。
いくつかの保険会社がありますが、例えばあいおいニッセイ同和損保というのもその1つです。
あいおいニッセイ同和損保ではバイク保険としてセーフティーツーリングという商品を扱っています。
あいおいニッセイ同和損保のバイク保険に加入するにあたって気になるのはやはり保険料ですよね。
保険料を詳しく算出したいならまずは見積もりをとる必要があります。
保険商品はバイクにかぎらず、加入する人の条件や必要な特約などによって保険料も大きく変化しますから、
まずは見積もりを取って、支払いがいくらになるのかを確認しましょう。
他の保険会社と迷っているという場合も、見積もりを取っておけばハッキリした金額で比較することができます。
あいおいニッセイ同和損保の保険見積もりは公式ホームページからオンラインで依頼することができます。
必要な情報を入力することでいくらになるか確認できますので、利用してみましょう。

カテゴリー: 会社比較 | タグ: , , , , | コメントする

チューリッヒバイク保険の分割払いについて

バイクを運転する方であればやはり万が一の事故に備えてバイク保険には加入しておきたいところです。
実際に事故を起こした時には自賠責保険だけでは不十分なケースがほとんどですから、保険料を払ってでもバイク保険に加入しておくべきだと多くの人が考えています。
保険会社によってはバイク保険の取扱の有無に違いがありますが、例えばチューリッヒであればスーパーバイク保険という保険商品を扱っています。
チューリッヒの保険に加入するということになると、保険料の支払いについても気になるところですよね。
特に若い人だったりすると一年分の保険料をまとめて払うのはキツイので分割で支払いたいという方も多いかと思います。
チューリッヒの場合、保険料については分割払いというのは取り扱っていません。
ですから基本的には保険料は一括で支払う必要があります。
しかし、チューリッヒのバイク保険ではクレジットカードでの支払いが可能であり、クレジットカード会社側の分割払いやリボルビング払いであれば利用できます。
実際に何回の分割が可能であるか、その場合の手数料はいくらになるのかというのはカード会社によってことなりますし、
利用状況によっては分割できないこともあるので、確認してみると良いでしょう。

カテゴリー: 会社比較 | タグ: , , , , | コメントする

富士火災はバイク盗難保険なし

バイクに乗っている人にとってバイクの盗難というのは非常に大きな問題です。
ロックをつけたりアラームをつけたりなどいろんな盗難防止の方法というのはありますが、
そういった対策も虚しくあっさりと盗まれてしまうというのは割りとよくある話です。
人気のバイクの場合なら盗まれる可能性も高くなりますが、だからと言って好きな車種を選ばないというのも悲しい話です。
万が一盗まれてしまった場合に備えて盗難保険に入っておくというのが安心な方法でしょう。
もちろん盗難保険はそれなりの費用がかかりますが、盗まれた場合のことを考えれば安いものと言えるかもしれません。
盗難保険というのはいくつかありますが、富士火災の場合はどうでしょうか。
残念ながら富士火災の場合、通常のバイク保険というのは取り扱っているようですが、
肝心の盗難保険というのはついていないようですね。
つまり富士火災のバイク保険では事故などについての補償はありますが、盗難に関しての補償というのは全くないということになりますね。
そういうわけでバイクの盗難保険というのは結構利用できる保険会社も絞られています。
普段利用している保険会社が利用できないというケースも多いでしょうけれど、仕方ないですね。

カテゴリー: 盗難保険・会社 | コメントする

盗難バイクの車体番号について

自分の所有しているバイクが盗難にあう、そんな可能性というのもないとは言えませんよね。
昔と比較すればバイク自体の人気が下がっているということもあって盗難件数というのも少なくなっているとは言え、
それでも毎日どこかで盗難事件が発生しているというのは事実であり、大きなショックを受けている方もたくさんいるわけです。
もしバイクが盗難に遭った場合にはまず警察に被害届けを出す必要があります。
当然誰だって盗まれたバイクをなんとか見つけて取り戻したいと考えますよね。
被害届けを出す際には車体番号を伝える必要があります。
警察で捜査をする際にはその車体番号をもとにして盗難車ではないかというのを照合することになりますから、非常に重要ですね。
しかし中には車台番号がわからないという方も多いようです。
車検証などの番号がわかる書類は全部シートの下に入れてあるという方も少なくないでしょう。
もちろん調べればわかることではあるのですが、そうならないように車体番号などの重要な情報は他に控えておいた方が良いでしょう。
ただ盗んだ班員によっては車体番号を偽装しているという可能性もあります。
プロの窃盗団ならそういった偽装をして売却していることもあるので、見つけるのも難しいのでしょうね。

カテゴリー: 盗難にあったら | コメントする

盗難バイクが返却された場合

もし自分の所有しているバイクが盗難された場合、そのバイクというのは見つかるでしょうか。
ハッキリとした証拠があったり、目撃証言でもあれば犯人を見つけることもできるでしょうけれど、
なかなかそういった証拠というのは残っていないもので、簡単には見つけることはできません。
しかし犯人が盗難車で街を乗り回していたら車体の特徴や車体番号などから見つかるというケースもあります。
そういった場合、当然盗まれたバイクというのは返却されて手元に戻ってくることになります。
しかし、返却されたバイクが盗難前と同じ状態とは限りませんよね。
傷が付いていることは当然ありますし、変に改造されていたり塗装されていたりということも少なくありません。
そうなってくるとバイクは返却されたとしても修理等にお金がかかってしまうということになります。
そういった場合であれば盗んだ犯人にその修理にかかった費用を請求することができるはずです。
ただし、請求しても実際に支払ってもらえるかどうかというのは相手次第です。
バイクの盗難というのは未成年者が犯人であることも多く、
修理代などを請求しても支払い能力が無く、結局泣き寝入りせざるを得ないというケースも少なくありません。s16.

カテゴリー: 盗難にあったら | コメントする