バイクが盗難されたらするべきこと

大切なバイクを盗まれてしまって大きなショックを受けているという方もたくさんいらっしゃるかと思います。
大変ショックなのはわかりますが、バイクが盗難されたらいろいろとしなくてはいけないこともあります。
落ち込んでいるだけでは見つかる物も見つかりませんし、後で面倒なことになる場合もあります。
まず盗難されたら最初にするべきなのは警察に被害届けを出すということです。
当然自分のバイクが盗まれたということを警察に伝え、盗まれたバイクを探してもらうためには必須です。
犯人の目星も証拠も目撃情報もなくても、被害届けで車体番号を伝えておけば、
どこかで車体番号をたよりに盗まれたバイクが見つかる可能性というのもあります。
盗難されたら同時にバイクに備えていた車検証なども無くなっているということになります。
車検証というのはそれだけで身分証明にもなってしまうこともあり、最悪覚えのない借金を背負わされる可能性もあります。
そして重要なのは警察への被害届けだけで終わってはいけないということです。
そのままだと翌年に自動車税を支払わなくてはいけません。
警察への被害届けだけでは課税は停止されないので、盗難されたら必ず市役所の税務課や陸運局などに行って手続きが必要となります。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: 盗難にあったら パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサードリンク