盗難バイクが返却された場合

もし自分の所有しているバイクが盗難された場合、そのバイクというのは見つかるでしょうか。
ハッキリとした証拠があったり、目撃証言でもあれば犯人を見つけることもできるでしょうけれど、
なかなかそういった証拠というのは残っていないもので、簡単には見つけることはできません。
しかし犯人が盗難車で街を乗り回していたら車体の特徴や車体番号などから見つかるというケースもあります。
そういった場合、当然盗まれたバイクというのは返却されて手元に戻ってくることになります。
しかし、返却されたバイクが盗難前と同じ状態とは限りませんよね。
傷が付いていることは当然ありますし、変に改造されていたり塗装されていたりということも少なくありません。
そうなってくるとバイクは返却されたとしても修理等にお金がかかってしまうということになります。
そういった場合であれば盗んだ犯人にその修理にかかった費用を請求することができるはずです。
ただし、請求しても実際に支払ってもらえるかどうかというのは相手次第です。
バイクの盗難というのは未成年者が犯人であることも多く、
修理代などを請求しても支払い能力が無く、結局泣き寝入りせざるを得ないというケースも少なくありません。s16.

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: 盗難にあったら パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


スポンサードリンク