バイク盗難とおとり捜査

バイクの盗難にあったことがあるという方は結構多いのではないでしょうか。
自分とは関係ないことだとあまり関心がない方も多いとは思いますが、
実際に自分が盗難の被害にあったとなると相当腹が立つものだと思います。
そしてその怒りの矛先は時に警察に向かうこともありますね。
というのもバイクの盗難に関して警察があまり動いてくれないということがあるからです。
特に目撃証言やなんらかの証拠がある場合でもなければ捜査のしようがないというわけですね。
中にはおとり捜査をすればすぐに犯人が見つかるんじゃないか?と思う方も多いでしょうね。
プロの組織的な犯行だと思われるような場合はおとり捜査すれば簡単に犯人が見つかりそうなのに、
警察はなぜしないんだ、んんて思う方もいるようです。
これはただバイクの盗難に限らずおとり捜査というのは日本では禁止されているからなんですね。
麻薬に関する捜査など一部の場合においては認められているようですが、
バイクの盗難に関しておとり捜査なんていうのは日本ではありえないのです。
やるとするなら自分でおとりのバイクを用意して自ら犯人を見つけて捕まえるという方法ですが、
これもやはり現実的ではないですよね。
やはり盗まれないようにとにかく対策をするしかありません。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

No tags for this post.
カテゴリー: 盗難手口・予防 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサードリンク